FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

DLCのタイミングが前日になっていることを忘れていた僕は…

 2008-12-23
アイドルマスターSPの販売延期にちょっとだけ泣いた僕ですが、
そろそろ前向きに行こうと思っておりやす
アニマル超かわいいしなっ!
せっかくなので三つあるバージョンのどれがどういう傾向かをよく考えて、
どれから始めるかなどを吟味することにしてみた


■アイドルマスターっていうゲームから読み解く
一人の少女をトップアイドルに導く…
そんなマンツーマンでの戦いになるのが今回のSPである
箱○版だとトリオまで組めるが、結局コミュニティなどはマンツーマンなので、
その辺に違いはない
テンション管理が楽になる分、初心者向けになるとは思う
対戦相手もソロなのだから、そのあたりのハンデもないだろう
となると、ソロでの能力が高い千早、伊織、律子あたりは強キャラだろう
ただ、減衰もひどいので(その辺が対戦では今回はどう絡んでくるかが分からないが)
意外と春香や真、あずささんのほうが安定するかもしれない
とりあえず亜美真美は趣味キャラになってしまわれるだろうな…
後半戦はそれなりに強いんだけどねぇ、雪歩も微妙だ
この二人はコミュもトリッキーなだけに、上級者向けといわれるのだ
ワンダリングスターは、そういう意味でも初心者向けではない
伊織は強いが、それ以外の二人が強烈過ぎる
別によく言われているように変態向けというわけではないのである
やよいも能力こそ低めだが、テンション管理の楽さは初心者向けだ
パーフェクトハルカサンの初心者向け具合がこのあたりでも分かる
ミッシングムーンはこの二つの中間くらいか

■新モード
今回つく新モード、今までのプロデュースとは一味違うらしい
ドラマチックらしいのだが、その辺は実はあまり期待していなかったりする
それよりもキャラクターとの約束モードのほうが気になっていて、
その辺がシステムにどうかかわってくるかが興味があったりする
ゲームにとってシステムが第一にあり、それ以外のものはそれを強調するためにある
付加価値に過ぎないと思うのだ
ただ、その部分がゲームをさらに面白くすることは大いにあるし、
アイマスにいたってはその部分の凄さに目が行きがちである
ただ、ゲームの根幹も結構いいもの持ってるし、それをどういじってくるか
そこに興味は尽きないわけである
通常プロデュースと新モードを分けたのは正解だろう
初心者はとりあえず通常プロデュースを何も見ずに解くことをお勧めしたい
んでいろいろ乗り越えてAランク以上にできたら新モードにチャレンジするのがいいのだろう
っていうかそれくらい難しいものでないと許さないよ、新モード

■961プロとの関係
パーフェクトハルカサン(しつこい)、
春香、やよい、真の三人が相対するのは我那覇響である
性格は竹を割ったような性格といえばいいのか、
スカッとしているし、流されやすいタイプでもあるようだ
そんな彼女は961プロの社長から主人公であるプロデューサーが
変態でセクハラばかりしていると吹き込まれているらしい
あながち否定できな…げふんげふん、ではなくて、
彼女はプロデューサーは目の敵にしているようだが、
女の子達には比較的フレンドリーだ
しいて言えば少年漫画の友好的ライバルといえばいいだろうか
なので、個人的には熱血ストーリーを期待したいところ
真vs響なんて何か燃えるものを感じるではないか…!!
春香ややよいも頑張り屋の側面が強いので、いい物語が期待できそうである
そして戦いの果てにあるのは、熱い友情なのである
(バックにはグレートマジンガーのテーマを流すべきだ)
ワンダリングスター、雪歩、伊織、亜美真美の前に立ちはだかるのが四条貴音だ
なぞめいた性格、月夜を眺める姿を想像するとなにか人間じゃないみたいだが、
個人的にはただ、世間知らずの極みなだけな気はする
ラジオでのキャラは少なくともそう、なんというか、貴族系のお嬢様である
よく言われているのが伊織は俗っぽいお嬢様で、その相対になるキャラという意見だ
実は伊織だけでなく、亜美真美は医者の娘だし、雪歩はゴニョゴニョな家柄である
そういう線でそろえた、というのは深読みすぎだろうか?
ではなぜそうしたのか?
彼女らの生まれだからこその三者三様の反応が楽しめるからだろう
実際、ああいうキャラに対したとき、面白い反応を示しそうなキャラをあげると、
この三人だろうといえる
亜美真美はいつものマジキチ発言で翻弄するだろうし、
雪歩は圧倒されつつ、穴を掘りつつ心のそこで闘志を秘めるだろう
伊織は…やばい、伊織が一番楽しみだなぁ
ともかく、高音のキャラに一番面白い反応をしそうな三人をそろえているといえる
さて、一番怖いというか触れるのが一番最後になりそうなのがミッシングムーンだ
なんといっても相手が美希なんだよねぇえええええ!
あずささんはともかくとして、千早と律子の反応が怖い
いろいろと怖い、間に立つのが怖い
とりあえずその状況に俺がなったらそっと帰るよ
癒し系のあずささんにすべてを賭けるしかないか…
ま、そこまでひどいことにはならないだろうけども
なんとも一番苦手だけど一番気になる物語っぽい気はする

■総括
分かったこととして、私はとりあえずパーフェクトハルカサンから始めるだろう
次にワンダリングスター、ミッシングムーン
順序は春香→やよい→春香→真→春香→伊織→亜美真美→雪歩→春香→春香→あずささん→春香→律子→春香→春香→千早→千早
もし仮に961も使えたらうれしいなぁ、そうしたらとりあえず響からかなぁ

■最近のアイマス周辺事情
なんか最近思うのはみんなBランク以降のだいぶいい子のころだなってこと
初期のお前ナメんとのかーっていう美希とか、生意気すぎる千早とか、
あんまり主人公を信頼してない律子とか、ただの臆病者のままの雪歩、
不満だらけの伊織、いろいろ勘違いしてる真とかが、最近出てこない
春香はまぁ…変わらんのだけど
あ、やよいは初期が多いよね、金持ってないし
後期のやよいは金持ってるんだぜ!?EDでゴニョゴニョくれるし
アイドルとしてまだ駆け出し設定なのに
千早がかなり素直とか分かってないなーとか思うことあるし
アイマスの根幹に「成功とともにアイドルの信頼を勝ち取る」というのがあるのだけど、
安易に信頼を得ちゃってるなーとか思うときもある
ただ、それもまたひとつの形なのかなっていう気はする
ここまでいろいろ広がっているとそういうこともあるのかなーっていう
でも、やっぱりたまにプロデューサーにマジギレしてる千早漫画とか見ると結構楽しい
千早スキーはそういうのが大好きみたいだけどねぇw
PSP版は、その過程を簡単に楽しめるようなので、お好みなのをぜひ買ってみてね!



まぁ、ぶっちゃけここまでの長文書いたのも最後の一言が言いたかっただけだったり
「SPが延期になったけど、いろいろ面白そうだから買ってみてね!」
で済んだ話ではあるなぁ
スポンサーサイト
カテゴリ :アイドルマスター トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。